うつを打つ!それでも私は幸せ(・ω・)part.1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは|ω・)
うつを打つブロガーのクズボシです(ダジャレか!
そしてさりげなくブロガーって名乗ってんやん(笑)
今回は私の過去の経験を少しお話しようかなって思います。
過去といっても実は現在も進行形でうつと共存しています(・ω・)

「お前、文字とか書けてるやんけ?」
「うつの奴はもっと暗いやろ!!」

って思ってるそこの君!!!( `ー´)ノ

間違ってんぜ。その決めつけはやめたってくれ。

っていってもうつになった事がない人やまわりにうつになったって人がいなかったら全くわからないだろうし、ましてや…うつなんてさ、性格のようなもんでみんな一緒のような症状が出るとも限らないんですよ。←これ知らない人多い。

経験者として私なりのうつを打つ方法を書いていこうと思います。
私も初めての時は…ググったり本を読んだり…したもんなぁ。

今、うつの事で悩んでる君へ。
何かしらの参考にしてもらえたら、心が少しでも楽になったら…幸いです(・ω・)

では、れっつごー!!いってみよ!

うつと初対面。サボりか??なまけか??

そもそも私が初めてうつというものを知ったのは、まだ子供が三人だった頃…(それでも多いわ(笑)
朝からいつも通り、朝ごはんを作ったりお弁当を作ったりしていて中々起きてこない旦那を起こしに行ってさ。

「朝だよー!早くご飯食べやんと仕事間に合わないよー!!」

呼びかけても呼びかけても「うーん」とうなるだけで布団から出てこない…。

旦那は元々あまり仕事をしたくないタイプで、嫌なことがあるとすぐに辞めちゃうような人。
だから、私の中で「また始まったか…。」って思っちゃってた。

「休むなら休むで会社に連絡しやんと!!」って言っても「うーん」ってうなるだけで行動に移そうとしなかったからしゃーなし私が電話したんです。
甘やかしすぎって思う方もいると思うので言い訳をさせてください(笑)
身内がらみの職場なんで、本人がしなくても私が連絡してくれと言われてたんです。
迷惑がかかっちゃうから当然なんですよ。旦那のポジション的にも。

でも電話もできないって、もしかして結構体調悪いんかな?と少し心配でもありました。
少しぐらいの風邪なら自分で連絡いれれますからね。

子供を小学校に見送り、下の子達も保育園に送っていき、帰宅してもまだ布団から出てきていない…。

どこか痛いとか、気持ち悪くないかとか、熱測らないかとか、聞くんだけど全部「うーん」とうなるだけ。

どうなってしもたんや。

数時間このまんまだったんだけど、しばらくするとボーっとした感じでリビングに来て冷蔵庫から飲み物を出してソファに座る。

そう。何事もなかったように座る。
仕事を休んだ理由なんて話さずに。

「体調はもういいん?」

旦那「うん」

「明日は行けるん?」

旦那「うん」

元々あまりしゃべるような人ではないけど、その日は特に話をしなかった気がした。
仕事がしんどいからさぼったんかなぁと私の中で勝手に解釈する。

そして次の日…

デジャヴのような朝。

「うーん」としか返事をしない旦那。
電話もする気がない。
数時間後にボーッとして起きてくる。

こんなのが、何日か続きました。

だけどある日、会社を休みすぎて会社の人から苦情がくる(そりゃそうだろ。

旦那にもう辞めるのかどうするのかを問い詰めても、謎に「好きにして」と言われる。

好きにしてってなんやねーん(;´∀`)

とりあえずこれ以上迷惑はかけられないと私は旦那の会社に直に行き、旦那の現在の状況を全部話すことにした。
そこで、社長の奥さんから精神的な病気かも知れないよ?とアドバイスを受ける。
社長の奥さんは自律神経失調症を患っていたことがあるようで、旦那の状況と重なる部分があったみたい。
会社はしばらく休んでいていいからねと心広い対応も頂けた。

私はすぐに旦那にその事を伝えて病院へ行こうと誘うが…
旦那は病院が嫌いで体調不良の時ですら病院に行こうとしない病院嫌い人間だから、案の定「行かない」の一点張り。

精神科、心療内科。病院との相性や方針で合わないこともある。

今思えば、旦那のようなプライド高めの人には行くのはかなりハードルが高かったのかも知れない…。

だけど、そんな旦那でさえ病院に行かんとあかんっていう困った症状が出てくるようになった。

眠れない

そう。眠れなくなったの。急に。
眠れないって結構しんどいみたいで、眠たくないわけじゃなくって眠たいのに眠れない。
それで日中もかなりイライラしちゃってるし。本当に辛そうだった。

色々と調べて精神的な病気からくる不眠症もあるみたいで、睡眠薬を出してもらう事で眠れるようになった、楽になったって人もいるんだってと旦那に再度説得を試みてみたん。
すると案外スムーズに行くって言ってくれたから病院に行くことになった。
よっぽど眠れないのストレスだったんだろうな。

旦那が行った病院では、まず問診票を書くんだけどそれがめちゃくちゃ細かい!!
字が細かいとかじゃないよ。自分がどんな過去を送ってきたかとか、こういう時あなたはどうするかとか書かなくちゃなんなくって五枚ぐらいあったと思う。
それを書いたら呼ばれるまで待合室で待つ。ただ、待ち時間も容赦なくって二時間ぐらい待たされて結局診断結果は次回になるとかなんとか(-_-;)えっ…

眠れなくて困って行ってるのに睡眠薬もらえないし、かなりの時間待たされるしで旦那はイライラしているのが見て分かった(;´・ω・)
先生ともあまり気が合わなかったみたいで「もう二度と来ん!!」ってキレてた(-_-;)
今思えば、この病院ではすぐに薬に頼らずカウンセリングでケアしていって治していきましょうっていう方針だったみたい。だから睡眠薬出すとしてももう少し様子見ましょうってなったんだと思う。
だけど、旦那の場合はそれじゃダメだと思って色々病院を調べて他の病院に再度かかる事にしたんだよね。
やっぱり眠れないのを何とかしたいわけで、一週間も待てないわけ。ましてやこの病院の場合、薬は極力出さない方針だから一週間後必ず出してくれるとも限らない。
それに精神科や心療内科ってデリケートな部分だから先生との相性も大切なのかもって思った。
根掘り葉掘り聞く先生もいれば、自分からは話をせず患者さんから話しかけてきて初めて会話をするっていう先生もいるからね。
初診で判断できるかわかんないけど、一つ目の病院であまり良くないって思ったら他の病院に変わるのは私的にいいと思う。

そして、セカンドオピニオーン!!での診察日。
やっぱり問診票はあるけど、そんなに細かくないし一枚しかない。

3分もないぐらいで書き終わってたと思う。そして呼ばれるんも早い!
(予約制だから、待ち時間が少なくてすむらしい)

ご家族の方も、という事で私も途中から診察室に呼ばれる。
これ、めっちゃ怖かった(-_-;)ご家族の方もって呼ばれるなんてよっぽどの病気なのかも?って思った。

診断名「躁うつ病」

これが私が初めてうつと出会った瞬間。
社長の奥さんが自律神経失調症の経験があって、私と重なる部分があるって言っていたので自律神経失調症なのかなって思ってた部分があったんだよね。
だから、ソウウツビョウって何?変な病気?って戸惑ったなぁ。

うつ病?躁うつ病?どう違うの??

うつ病…

眠れなかったり、食欲が出なかったり、何に関してもやる気が起きない状態が続くとうつの可能性が大!!
うつのほとんどがストレスが原因と言われてて、そのストレスが脳の活動に支障を与えているんだって。
脳がうまく活動できないっていうのは、悪循環になったり物事をマイナス思考で考えてしまうみたい。
だから、普通のメンタルの時には「ブス」って言われても「へーへーブスですよー。言ってろ言ってろ。」って乗り越えれるんだけど、脳がそんな状態だと「ブスって言われたぁぁぁ(´;ω;`)もう私は存在してちゃダメなんだぁぁぁ(´;ω;`)」ってめちゃくちゃ極端に否定的な考えになっちゃうんです。
(人間の体って何て不思議な仕組みなんだろう)

躁うつ病

基本はうつ病と同じ症状です。それと躁状態(いわゆるテンションがあげあげな状態)が交互に来ることを言うんだけど、これまた厄介で今日はめっちゃテンション高くって「頑張るぞーーー」って気合入れてるのに、次の日には「え?昨日頑張るとか言った?無理無理。できない。やる気ない。」って二重人格のような状態の事を言う。

私的に躁うつ病の解釈は、やりたくない自分 と やらなきゃいけないって考えてる自分の中の自分たちが戦ってる んじゃないかと思っています。(わかりやすくない?自画自賛

躁うつ病は「双極性障害」という言い方でも間違いじゃないので主治医の先生によって診断名が変わりますが一緒の病気です。

最後に

うつ病について少し理解してもらえましたか?
もし当てはまるかもって思ってる君、まわりの人がもしかしたら…って思ってる君、一度病院に通って診断されれば少し楽になれるかも知れません。
同じうつ病でも治療方法って違うから、あの人が病院行かずに治したから自分も行かないっていうのは間違いです。その人はその人で自分は自分ですからね。

本当にうつ病の人はうつ病とは気づかないっていいますけど、気づきます。症状で困りますし、悩みます。いつもと違うって感じます。
気づかないって言われてたのはきっとうつ病がメジャーな病気ではなかったからだと思います。

うつ病について一回では書ききれないので続きはまた更新していこうと思います。

私が書いた記事で誰かの何かの役に立てますように…(・ω・)

お時間あればまたのぞきに来てください★