調剤薬局事務員になりたい!なるために必要な資格や方法。

調剤薬局事務員ってどんなお仕事?

 

調剤薬局事務員は名前の通り、調剤薬局での事務のお仕事になります。

薬剤師さんのお仕事のサポートとして受付や会計、レセプトなどの書類を作成するのがお仕事になります。

※レセプト…病院の会計の時に渡される「診療報酬明細書」の事をレセプトといいます。

 

昔は病院で会計の時にお薬も出している所が多かったのですが、現在お薬は処方箋を持って調剤薬局へ行って下さいと言う所が多くなりました。

それは医療関係の会計の計算がややこしくなっているために、お薬の計算やお渡しまでしてしまうと混雑してしまうので、お薬を自分の家の近くで受け取れるようにすることで病院でも早めの会計ができ、患者さんもスムーズな帰宅が出来るためだと考えます。色々と理由があっての事なのですが、その事により調剤薬局の数も増え、調剤薬局事務員のお仕事はとても重要なものになりました。

 

  調剤薬局事務員になるための資格ってあるの?

 

調剤薬局事務員になるために特に必要な資格や経験はありません

 

Left Caption

女性

医療事務のお仕事となんか似てるね。
Right Caption

わんわん先生

確かに似ているけど、扱うレセプトも違うし働く場所が違うんだよ!

 

 

ちなみにどちらかの資格を取得して、後にもう一方の資格を取得するといった方も今増えてきています。仕事の幅が広がる事で収入などにも影響がでますからね。

 

 

  調剤薬局事務員になるために資格取得は必要?

 

この資格は絶対必要っていう資格じゃないのに、わざわざ取得する必要ないのでは?

言いたいことはわかります。ならば、その資格のないまま面接に行けばわかります。見事、受かって働く事ができたならとてもラッキーだと思います。

 

資格はないよりある方がいいに決まっています。

普通に考えてみて下さい。自分が雇い主だとして・・・お仕事の内容がわかっている人と、全然わからない人ならどちらを採用しますか?

そしていざ働きだしてからもきっと無知な自分に対して困る事も出てくると思います。

国家資格のような難しいものならば、積み重ねあってこその取得になるので環境によっては取得する事が難しい方もいると思います。

だけど、調剤薬局事務員になるための資格に「最低これだけは経験が必要」「二年間専門の学校で勉強をして卒業してもの」なんて条件などありません。

誰でもどんな方にでも資格取得のチャンスがあります。という事は、あなたが調剤薬局事務員として働きたいと考えている通りあちこちに同じ調剤薬局事務員の仕事をしたい方がいるって事です。

その方たちよりも一歩リードされるためにも、資格の取得はするべきだと私は考えますね。

 



 

  資格ってどんなものがあるの?どれを取ればいいの?

 

今現在、調剤薬局事務の資格は全て民間資格になります。(2018年8月)

民間資格について知りたい方は国家資格と民間資格と公的資格の違いって?

 

どこの試験を受けても調剤薬局事務の資格は取得できますが、主催するところによって資格の名称が変わり、取得の難しさなどから採用率も多少なりと変わります。

資格の名称が違ったとしても、どれも調剤薬局事務員の資格である事に変わりはありません。

調剤薬局事務の資格は、「受験するには〇〇講座または〇〇学校を修了する事」といったところがほとんどなため、講座や学校を選んだ段階でどの調剤薬局事務員の資格を取得するのかも決まったも同然です。

また、反対にどの調剤薬局事務の資格を取得するか決めた段階で講座や学校も決まったとも言えます。

 

 

調剤事務管理士ちょうざいじむかんりし

技能認定振興協会ぎのうにんていしんこうきょうかい」が主催しています。

調剤薬局事務の資格の中で、厚生労働省が唯一認定している指定教育訓練講座です。

 

取得するのは難しいとも言われていますがこの「調剤事務管理士」を取得することで採用される確率はぐんと上がります

試験は年6回開催されているので、2か月に一回チャンスがありますね。

受験するための条件は特にないのも特徴です。講座も自由に選べますし独学でもチャレンジできます。

指定教育訓練講座に認定されているので独学で難しいと感じたら通信教育などを利用するのも大変おすすめですね!

インターネット試験といったインターネット環境とパソコンさえあれば24時間いつでもどこでも試験が受けれるといったのも特徴になります。

 

受験できる条件 特になし
合格率 約50%
難易度 ★★☆☆☆

 

調剤報酬請求事務技能認定ちょうざいほうしゅうせいきゅうじむぎのうにんてい

一般財団法人「日本医療教育財団にほんいりょうきょういくざいだん」が主催しています。

 

「調剤報酬請求事務技能認定」はとても易しいと言われている調剤薬局事務の資格になります。

その易しさからめちゃくちゃ初心者の方はこちらから取得する方も増えてきています。

受験するためには、「日本医療教育財団」が認める「日本医療事務協会」や「ニチイ学館」の講座を修了することが条件になります。

受験時にノートや資料などを持ち込みできるという、受験と思えない受験も特徴のひとつです。

 

ニチイ学館の講座ならば、修了と同時に資格も取得できます。

 

受験できる条件 日本医療教育財団が認める講座を修了する事。
合格率 99.9%
難易度 ★☆☆☆☆

 

調剤報酬請求事務技能検定試験ちょうざいほうしゅうせいきゅうじむぎのうけんていしけん

日本医療事務協会にほんいりょうじむきょうかい」が主催しています。

こちらの「調剤報酬請求事務技能検定試験」の最大の特徴は資格取得までの道のりが最短で通学講座なら3日、通信講座なら1ヶ月で取得できるといったところです。

他のところですと修了するために3ヶ月から6ヶ月の勉強期間が必要です。

合格率は90%と高めですが、「日本医療事務協会」が主催している調剤事務講座修了が受験条件になっているからともいえるでしょう。

独学で学んだだけの人は受験できないので、ね。

最短で取得したい!」「就職の為にすぐにほしい」といった方には一番おすすめだといえます!

 

受験時にノートや資料などを持ち込むことが可能です。

 

受験できる条件 日本医療事務協会の調剤事務講座を修了。もしくは受験申請のあった学校。
合格率 90%
難易度 ★★★☆☆

 

私なりにおすすめな代表的な3つを上げさせていただきました。

自分にあったものを取得することが一番だと言えますのでそれぞれの特徴などから選んでみて下さいね。

どんなお仕事でもいえる事ですが資格を取得する事を第一に考えず、資格を取得するのは調剤薬局で働くため、仕事場で必要な人になるためだと強く思いましょう。

資格を取得することがゴールではなく、働きだしてからがあなたの人生のスタートです。

 

  調剤薬局事務のお仕事に向いている人

 

調剤薬局事務のお仕事が向いている人は、細かい作業ができる人

事務のお仕事は基本的に書類作成です。書類作成ができなくてはプロとはいえません。

細かい計算や手順などきちんと行う事が出来る人は向いていると言えます。

そして患者さんに対して思いやる気持ちで接することができる人

調剤薬局に来る方は何かしらで病院から薬を出してもらった人ですよね?もしかしたら体調が悪いかも知れませんし、不安を抱えているかも知れません。

適当な対応しかできない人は調剤薬局事務のお仕事には向いていません。

思いやり、マナーなど心がけることもとても大切だと言えます。

後は、資格を取るための努力ができるというのもとても大切な条件だといえます。

 

最後に調剤薬局事務員になるための方法をまとめます。

 

調剤薬局事務のお仕事をするために、資格は必需ではないですがあるにこした事はありません

あなたが雇う立場として考えてみるとわかりやすいでしょう?

すでに知識がある人とない人が同時に面接に来たら、ある人を選びませんか?

そういった事から、現在では資格を取得する方が増え続けています。

ですので、なるための方法として第一に資格を取得するのをおすすめします。

なるための方法は、たったこれだけです!

後は、自分が働きたい薬局などへ面接に行く。それだけです。

 

ただ、働けたら終わりといったわけではなく調剤薬局事務のお仕事は患者さんと直接関わるお仕事なので経験でしかわからない部分もでてきます。

ですので、経験を積みきちんとした対応力を身につけていきましょう。

お金の計算などだけではなく、人間として気持ちで対応することが一番大切だといえます。

そしてそのきちんとしたひとつの対応があなたにとってプラスになるのは間違いないです。

あなたが調剤薬局事務のプロとして輝けるよう応援しています。