うつになった理由。実は原因は仕事だった?辞めれば解決するの?

 

うつという病気は三人に一人、いや二人に一人は抱えているといってもいいレベルで誰もがうつになる危険と隣り合わせにいますし、既に発症していた方もおられると思います。

日本では、うつを含む精神疾患を5大疾患として認めました。

Right Caption

わんわん先生

「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」「糖尿病」「精神疾患」が5大疾患だよ!
うつになるには、色んな理由があったり、また色んな理由が重なったりで一概にこの症状が出たからうつ!この症状が出てないからうつじゃないとは言えるものでもありません。

うつは、気づかないままいつの間にかなってしまっている。

 

うつというのは、昔は認められるなんてなかった病気です。

「なまけ病」「仮病」としてしか見てもらえなかったんです。

確かに自分がなった事のない、もしくはまわりになった人がいたりといった経験がない場合はそう見えてもおかしくないと思います。

だってうつはそもそも、外見でわかる病気ではないからです。心の病気なんですから。

心が割れていたり、心にひびが入っていたり、心が小さくなっていても周りの人には見えないでしょう?

だけどうつになっても気づかないまま立ち上がっていた人もたくさんいるんです。

もちろん強いから乗り越えられるといったものではないんです。

まわりの支えだってあったと思いますし、自分の中で「これじゃだめだ」と意思を強く持って自力で直したのだと思います。

なので、一概にうつだからと病院に行けば治る、薬を飲めば治るといったものではありません。

ですが、うつにもたくさんの症状があり、治療や入院などが必要な実例だってあります。まわりの支えがあるからと治るといったものでもありません。

そういった事から、うつはいつの間にかなっていてなったとしても気づきにくく、治りにくいものだって事はわかってもらえたかと思います。

 

うつの症状は急に現れる。

 

Left Caption

くずぼし

いつも通りしっかり睡眠とったはずなのに、朝から体がすごく重くて・・・頭がガンガンする・・・
Left Caption

悩める男性

会社についた途端、なぜかとても胸が苦しい・・・
Left Caption

女性

なぜだか、最近物忘れが多いし・・・ボーッとしちゃうの

こんな経験ありませんか?
とか「やたら風邪が治らない」だの「夜、中々眠れない」など。

見てわかりましたか?
これがうつだって言える確実な症状はありません。
風邪だって間違ってる人だってたくさんいますし、熱はないからただ疲れてるだけかなぁ?ってそれぐらいにしか感じない人も多いのです。
ただうつの始まりというのはそういった小さなストレスや疲れなどが始まりです。
そういった小さなものが蓄積されて取り返しのつかない状態のレベルのうつにまでなってしまうのです。

 

うつになった原因が仕事…?思い当たらないし、辞めたくない。

 

実は、うつだと診断された際に原因が不明だと言われるケースも多いのですが、「仕事」と言われるケースも多いです。

大体は皆さん「あぁ・・・」と納得するのですが、一部の方にとっては仕事がしんどいと感じていないケースもあるようで・・・。

確かにそうなると一時休みをとったり、辞める必要もない気がしますよね。

 

・・・ですが、体は既にキシキシと悲鳴を上げ始めていますよ。

確かに人によっては耐えられるレベルが違うのであなたにとってはまだその仕事は耐えられると考えているのかもわかりませんが。

きっと一年後には今とは違い「しんどい」などのマイナスな感情が出始めている事と思います。

大好きなやりたかった仕事でさえ、仕事になる事でノルマを与えられることで、その場の人間関係なんかでとても辛いものに変わってしまう事だってあるんです。

全てがパーフェクトに叶う職場なんてそうそうないものですけどね。

 

とりあえず、あなたがうつだって診断されたのならうつなのは間違いないですし。

取り返しの使いように、今できる事をやっていきましょう。

 

仕事を辞める事だけが解決にはならない

 

原因が仕事だからといって、仕事を辞めて解決するものもあれば時すでに遅しといった場合もあります。

パワハラなど確実に会社が悪い場合などは辞めることが解決になる事が多いです。

しかし、あなたのメンタルはすでに削られている状態・・・。

そんな中で、新しく仕事を始めようとしたところでなかなかうまくいくものではありません。

うつという病気は並がありますし、治ったと思っても小さなきっかけなどからいきなりまた始まってしまうものなのです。

やはり、うつに一度なった以上、十分な休息と療養も必要ですがまた完治するための時間も必要だと言えるでしょう。

 

お仕事を辞めたとして・・・給料ないけどどうしたらいいの?

やはり、うつだと診断されても実際どうやって生きていけばいいのよ?って感じですよね。

実際、生活の為に通院しながらお仕事を続けてらっしゃる方も多いと思います。

だって、お金がなかったら生きていけないですもんね(・ω・)当たり前ですよね。無理しちゃいますよね。

私でもきっと、うつかもってなった所で仕事をまだ続けられる状態ならば続けているだろうと思います。

でも人間ですからね。チリは積もればなんちゃらとって事できっと見えていない物は蓄積されていっていると思います。

なので、いずれかは我慢も限界がくるという事です。

そうなる前にも、そうなったとしても生きていく為の方法を考えましょう。

その1:国などの機関を使う方法

正社員として働いていて「雇用保険」「社会保険」などに加入していた場合は「傷病手当て」や「失業手当」など受給しながら療養、治療する事だって可能ですし、仕事が原因である場合「労災保険」などを使う事も可能です。まぁ、大体は労災は使わないでと会社側から言われる事が多いですけどね(-_-;)

しかし、会社自体がそういうものに加入してくれていない場合もあります。法律的に何時間以上働くなら雇用保険の加入は必ずなんですけどね。

自分が加入しているかどうかは近くのハローワークが管轄となりますのでそちらで確認するのがいいかと思います。

全国のハローワーク

雇用保険加入しなければいけない人①一週間の所定時間が20時間以上
②31日以上雇用の見込みがある人
社会保険に加入しなければいけない人そもそも、社会保険にも種類があります。
(1)健康保険
国や地方公共団体、法人の事業所であり、※ある一定の業種であり、常時5人以上を雇用する個人事業所では強制適用。
適用事業所で働いている人ならばパート・アルバイトでも関係なく、1日または1週間の労働時間、労働日数が通常の労働者の分の3/4以上あれば加入は必要。
(2)厚生年金保険
(1)の健康保険と同様、国や地方公共団体、法人の事業所、※ある一定の業種であり、常時5人以上を雇用する個人事業所では強制適用。
適用事業所で働いている人ならばパート・アルバイトでも関係なく、1日または1週間の労働時間、労働日数が通常の労働者の分の3/4以上あれば加入は必要。
ちなみに※ある一定の業種とは・・・
製造業、土木建築業、鉱業、電気ガス事業、運送業、清掃業、物品販売業、金融保険業、保管賃貸業、媒介周旋業、集金案内広告工業、教育研究調査業、医療保険業、通信法同業などをいいます。
労災保険はこんな保険労災保険は、働いている人が病気や事故、死亡などをした場合に国が会社に変わってお金を出してくれるというものです。
労働基準法では、働いている人が病気や事故をした場合会社が療養費を負担したり、法に基づいて休業補償を行う事は義務になります。しかし会社側が余裕がない場合などは迅速な対応ができないかも知れません。そういう時の為に補償してくれるのが労災保険制度になります。基本的に労働者一人でも雇用する会社全て適用され、保険料は全て会社側の負担になります。パート・アルバイトなど働いている人全てが対象になります。

その2:家族や知人に助けてもらう方法

はっきり言って、この方法は望ましいものではありません。

お金の貸し借りは関係を壊しかねないからです。

家族でさえ、お金の貸し借りで殺人までいってしまう事件などもあるぐらいです。

しかも、今回のケースの場合「うつ病」により仕事ができないといったパターンです。

毎月の生活費をいつまで借り続けるつもりでしょうか??

「今日だけおごりで!!」とは話は全く違いますよね?

この場合の金銭の貸し借りには終わりがないのです。

なので、誰かに借りるというのは貸してくれたとしてもよっぽど相手がお金持ちでない限りうまく行くことはありませんよ。

ですが、なぜ「そのに」としてこれを出したかというと、誰にも頼れる人がいないというものがある事で国から助けてもらう事が可能になるからです。

その3:生活保護を受けて国に助けてもらう方法。

言いたいことはわかります。

かっこ悪いですか?恥ずかしいですか?

でも、生きていく為です。恥ずかしいもかっこ悪いも私だったら気にしません。

子供がいたらなおさらですね。

何も、本当は困っていないのに不正に生活保護受けろなんて言っていません。

その1、その2って段階を踏みましたよね?お金ないままどうやって生活するんですか?

生活保護は確かに税金から出ていますし、まわりから冷ややかな目で見られることも多いです。

だけど実際は生活保護のおかげで療養しながらお仕事も探しながら、相談にものってくれるケースワーカーさんもいて生活を安定しようと頑張ってる方もたくさんいます。

悪いイメージがある生活保護ですがあくまで不正に利用している人がいるせいでイメージが悪いだけですよ。

考えてみてください。いきなり病気やケガで働くことが出来なくなってしまう事を・・・。

自分は絶対ないって言えますか?絶対生活保護に頼らずとも生きていけると言えますか?

ただ、そういった不正受給が増えてきているせいで「生活保護受けたいんですけど・・・」といった相談にいっても結構冷たくされることも多いみたいです。

しかし、土下座しろなんていいませんが、今助けてもらわなかったらどうやって生きていきますか?

それを考えれば冷たい態度をされても、根掘り葉掘り聞かれてもきっと持ちこたえられるはずです。

国に助けてもらい、病気がよくなったらその分国に恩を返せばいいんではないでしょうか?

生活保護なんてだっさい、かっこ悪い、死んだほうがましだと言って命を絶つ人の方がよっぽど迷惑だと思いますけどね。

少なからず、自殺というのは絶対誰かに迷惑がかかっていますし、傷つけていますし、下手するとトラウマにまでさせてしまってるかも知れませんからね。

だけど、生活保護は後に国に恩返しすることができますし、受給している事に感謝をして治療に専念すればいいんじゃないかなって私は思いますね。

実際、生活保護から立ち上がり、年収何千万となり税金を普通の人よりも収めてる人だって何人もいますよ。もらった倍以上国は受け取ってる事になりますよね?

先行投資、人助け、その人のメンタルケア。生活保護って悪いだけじゃないですよ?

もしどうしても生活ができないって方には最後の手段として考えてみてもいいんではないでしょうか?

少なからず、私はあなたを冷ややかな目で見たりしませんよ。

頑張って治療して生きていきましょうね!

 

相談はまずあなたの住む福祉事務所へ。役所に電話しても優しい方なら丁寧に教えてくれたりします。顔が見えずに聞くのも聞きやすいですよね?
全国の福祉事務所(PDF形式)
厚生労働省/生活保護

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

めちゃ長くなっちゃった!(/ω\)

誰かの未来の参考になっていますように・・・。