行政書士ってどんなお仕事?子供でもわかる説明書。

 

 

行政書士って?

 

行政書士とは、官公署に提出する書類作成が主な業務としている資格でもあり、お仕事そのものの事を言います。

都道府県や市町村警察などの機関の事をまとめて官公署といいます。

 

官公署は青い〇でかこってる部分のことをいうよ!

 

 

 

日本では国家機関を官庁または官署、地方公共団体その他の公法人の組織を公署といい、総称して官公庁または官公署という。

出典:「Wikipedia 役所」

 

 

あと、権利業務に関する書類事実証明などの書類も作成することができます。

 

 

権利業務に関する書類

・・・「私は〇〇します、されました。」のような自分の意見や相手の意見、お互いの約束などを表す書類の事です。

たとえば:契約書(贈与、売買、交換、雇用、請負、委任、交換、和解、賃貸借 など) 念書 示談書 内容証明 協議書 公訴・告発状 陳述書 行政不服申込書 遺産分割協議書 など。

 

事実証明の書類

・・・「現在これはこうなっています。」のような証明を表す書類の事です。

たとえば:会計帳簿 損益計算書 賃貸対照表 実地調査に基づいた各種図面類(位置図、案内図、現況測量図など)など。

 

 

他にもトラブルの相談にのることがお仕事だと思われる事も多いのですが……それは間違いです。

街の相談屋さんとして行政書士になんでもかんでも相談する人が多いのですが、行政書士ができるのは行政手続きなどに必要な書類を作る事が主なお仕事です。

裁判はどうすればいいか、相手との示談交渉してほしい、そんな相談にはのれません。司法書士も同様に司法書士の出来る事があり、そういった相談にはのれません。

 

 

官公署へ提出する書類関係以外の相談にのれるのは弁護士になります。でも一般の方からすると違いなんてなかなか分からないものですよね。

ただ、行政書士も多少なりと法律を勉強しています。

なので「法律的にはこうなってますよ」と相談まではいかずともアドバイスとして伝える事もあるようです。

そういう場合はあくまで人としてのアドバイスであり、行政書士として相談にのっているわけではありません。

そういった相談は、法的にきちんと対応ができる弁護士に相談をしましょう。



 

行政書士になるのって簡単なの?

 

率直に言って、簡単ではありません。

行政書士は法律を学び、官公署などに正式に出せる書類作成の方法などを学びます。扱える書類は3000種類以上もあると言われています。

しかし現段階では受験できる条件や制限などはなく誰でも受験する事が可能です。

なので、子育て優先できるお仕事がしたいと考えてる主婦の方中卒で現在バイトなどで働いているといった方でも受験の権利がもちろんあります!

国家資格でありながら学歴や職歴が関係ないというのはチャレンジしやすいですよね。

・・・人生まるっと変わっちゃうかもしれませんね!

最近では育児やお仕事をしながら通信講座などで勉強し、行政書士の資格を取得して独立している方もいます。

言わずともわかるかなと思いますが、法学部など法律を学んだ事のある方は大変有利に資格取得が可能です。

 

行政書士と司法書士ってどう違うの?

難しい言葉を並べたってわかりくいと思いますので、それぞれの名前を見て考えてみましょう。

 

行政書士は、行政

司法書士は、司法

 

行政書士は、上の方にも書きましたが官公署に関する書類作成が主なお仕事。

司法書士は、つかさどる法律と書いてある通り法務省や裁判所関連を担当することができるので法務に関する書類作成が主なお仕事だと考えればわかりやすいかと思います。

 

もっと詳しく司法書士のお仕事が知りたい場合は「司法書士」

 

違いはわかりましたよね?それぞれ同じ書類作成がお仕事だとしても扱える書類が違うっていうのが大きな違いです。

管轄も違うなど他にも違いはあります。

 

 

 

わんわん先生が答える!行政書士と司法書士の違い Q&A

ケース1

Left Caption

悩める女性

私は飲食店を開業したいです。そのために必要な書類はどこに頼めば作成してもらえますか?
わんわん先生

わんわん先生

行政書士が担当できます。飲食店を開業する時には必ず官公署の許可が必要な書類があるからです。

ケース2

悩めるくずぼし

くずぼし

お家を売りたいです。どこに相談すればいいですか?
わんわん先生

わんわん先生

司法書士が担当できます。家の売買、名義変更、相続人の変更などの登記関係の書類は司法書士が代行して手続きを行う事ができます。ただ、相談業務は基本的には弁護士しかのる事はできません!あくまで書類に関してのみになります。

 

ケース3

Left Caption

悩める男性

僕の友達が離婚について考えてるんだけどどこか相談できる所ないかな?
わんわん先生

わんわん先生

離婚協議書の作成のみ、行政書士が作成することができます。・・・が、基本的に「人間vs人間」の争いが起きそうな場合は弁護士に頼むべきかと思います。行政書士は書類作成のお仕事しかできないため、もし離婚するにあたって書類以外の問題が出たとしても対応する事が法律で許されていません。なので、初めから弁護士に頼んでおく方がいいかと思います。

ケース4

Left Caption

あたふたくずぼし

外国のお友達がこれから日本で暮らしたいみたいなんだけど、どうしたらいいかな?
わんわん先生

わんわん先生

外国の方が日本に住むという事はいろいろと条件などあり、どのパターンかにもよりますがそのための書類の作成や申請などの手続きは行政書士が担当できます。

 

 

行政書士と司法書士はどっちのがいい?

 

行政書士のお仕事がしたいと考えた人のほとんどが「司法書士と行政書士、どっちの資格を取得する方がいいの?」って考えちゃうのではないでしょうか?

でも正直こればっかりはどちらがいいですと、私は答えられません。

どちらも国にとって必要な資格ですし、同じ書類作成をお仕事として扱っていたとしてもそれぞれ必要とされる場所が違いますからね。

どちらのお仕事にも良さがありますしね。それぞれのお仕事を理解した上でよく考えてみるといいと思います。

あなたが独立を目標とされているならば、あなたがお仕事をする地域の司法書士事務所と行政書士事務所どちらが多いかなどをリサーチして選ぶというのもひとつだといえます。

収入に関してはこっちのがいいあっちのがいいと書かれているサイトがありますが、一概にこっちがいいなんて事はありません。

やはり、行政書士も司法書士も信頼あってこそできるお仕事ですからね。

書類に間違いがあればすぐ信用などを失う事になりお仕事も減りますし、逆に完璧にいつでもこなしてくれるところには信用もあるのでたくさんお仕事がきます。

どっちのお仕事のが収入がいい?って悩んでしまう気持ちはわかりますが、どっちのお仕事も独立もできる国家資格なので収入に関してはあなた次第といえるでしょうね。

もしそれでもまだどちらを取得するのか悩んでいるのであれば、どちらか一つをまず取得してみて後にもうひとつ取得するというのもいいと思います。

実際に行政書士と司法書士どっちも取得している方もおられます。

どちらも取得することでお仕事の幅は広がりますし、収入アップももちろん可能です。

それでもまだどちらか決めれないって言う方は合格率から決めるのもいいかと思います。

2017年度(平成29年度)でいうと、司法書士3%ほどに対して行政書士は15%を超えています。

その点から司法書士よりも行政書士の方が合格率が高いのがわかったかと思います。合格率が高いという事は、合格する可能性が高いと言ってもいいと思います。

何も勉強しないで受験などといった話は論外ですよ。

 

 

 

・・・でも、3%や15%って数字だけを言われたところでどれぐらいなのかってはっきりわからないですよね。

 

 

 

 

2017年度(平成29年度)の司法書士試験の資料

 

受験申込者数 18831名
実際の受験を受けた人数 15440名
合格者数 629名
合格した最少年齢 20歳
合格した最高年齢 73歳

 

受験受けた人数というのは、司法書士になりたいのでテスト受けさせてください!と前もって申請する人数です。何かしらの事情で受験できない方もいるので実際の受験を受けた人数は「15440名」です。

そして合格したのはその中の「629名」これが司法書士の合格率およそ3%のリアルな人数です。

 

 

 

 

2017年度(平成29年度)の行政書士試験の資料

 

受験申込者数 52214名
実際の受験を受けた人数 40449名
合格者数 6360名
合格した最少年齢 18歳
合格した最高年齢 75歳

参考資料:一般財団法人 行政書士試験研究センター「平成29年度試験結果」

 

行政書士で実際受けたのは「40449名」ですね。その中の「6360名」が合格したリアルな人数になります。

・・・ちなみに、合格とはいかなかったみたいですが申込最年少は8歳で最年長は93歳でした。

 

司法書士、行政書士のどちらにも言えますが年齢・学歴・国籍関係なくいつだってチャンスがあるというのはとても目指しやすい職業だと言えますね。

 

合格率が少ないから行政書士が簡単だといっているわけではありませんよ。

結構な努力をしなければなかなか入れない世界であるのは変わりありません。

 

 

最後にまとめ

 

私なりではありますが、行政書士というお仕事がどんなものなのかをまとめてみました。

国家資格だけあり、国にとってとても重要なお仕事のひとつだといえます。

また、色々な事情で夢を諦めた方でも再度チャレンジできる職業のひとつともいえます。

 

Left Caption

くずぼし

書類の作成なんてやりがい感じられないんだけど・・・
わんわん先生

わんわん先生

やりがいがある、ないはやってみないとわからないよ!その人に合う合わないもあるしさ。
ただひとつ言えるのは行政書士は独立も可能なお仕事です。
独立できるという事は、全て自分の決断でやるという事。十分、やりがいはある気がするけどなぁ。

 

独学での勉強も可能ですが、独学でやるには少し難しいと思います。

けど、独学でやってみて無理だからって諦めちゃうのはもったいないですよ?

通信講座でも行政資格は勉強することが可能です。

行政書士!!やるもやらぬもあなた次第だけど、チャレンジする価値って十分ありそう。

 

あなたの人生いつだってスタートできます。

人生変えるきっかけは自分の気持ちが決まった時!!